三陸鉄道の全線再開は3月20日…台風19号による被災からおよそ5か月ぶり

旧北リアス線区間は3月14日に全線再開する三陸鉄道。
旧北リアス線区間は3月14日に全線再開する三陸鉄道。全 2 枚写真をすべて見る

2019年10月に北日本を襲った台風19号の影響で、一部区間で運行を見合わせていた岩手県の三陸鉄道(盛~久慈)が、3月20日に全線再開することになった。

同鉄道では、被災した2019年10月の段階で釜石~宮古間と田老(たろう)~久慈間が運行見合せとなり、リアス線全体では鉄道の運行が3割程度しかできない状況に見舞われた。

しかし、その後は、鉄軌道整備法の特例措置に基づく国や岩手県からの支援などにより段階的に復旧。津軽石(つがるいし)~宮古間が2019年11月28日に、田老(たろう)~田野畑間が2019年12月28日に、陸中山田~津軽石間が1月16日に、田野畑~普代間が2月1日に再開した。

残る普代~久慈間と釜石~陸中山田間については、前者が3月14日に、後者が3月20日に再開できることになり、釜石~陸中山田間の再開を持って、三陸鉄道は被災からおよそ5か月ぶりに全線再開することになる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV