スバル/STI、シェイクダウン特別公開イベントを中止 新型コロナウイルス懸念

SUPER GTの参戦車(資料画像)
SUPER GTの参戦車(資料画像)全 2 枚写真をすべて見る

SUBARU(スバル)とスバルテクニカインターナショナル(STI)は、2月26日に富士スピードウェイで開催予定だった「シェイクダウン特別公開イベント」の中止を決定した。

当日は、2020年のSUPER GTおよびニュルブルクリンク24時間レースの参戦車シェイクダウンをファンに特別公開する予定だった。

しかし、スバル/STIは、現在発生している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の情勢に鑑み、来場するファンやチーム関係者の健康や安全面等を第一に協議。中止の判断に至った。

なお、代替開催は実施しない。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ワークスチューニング・サーキットデイ
  • 今年2月、ニュルブルクリンク24時間レース参戦に向けてSTI陣営が実施した「シェイクダウン」の模様(場所は富士スピードウェイ)。
  • ニュル24時間の当初日程で、オールジャパンによるオンラインイベントが実施される。
  • スバル WRX STI ファイナルエディション(動画サムネイル)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ