ジャガー Fタイプ 改良新型、音楽アプリ「Spotify」車載化…スマホ接続を不要に

ジャガー Fタイプ 改良新型
ジャガー Fタイプ 改良新型全 6 枚写真をすべて見る

ジャガーカーズは、ジャガー『Fタイプ』(Jaguar F-Type)の改良新型に、ブランドとして初めて、音楽アプリの「Spotify」(スポティファイ)を車載化すると発表した。

「Touch Pro」インフォテインメントシステムに、Spotifyを組み込むことにより、スマートフォンを接続することなく、車内でお気に入りの音楽が楽しめる。 また、「Spotify Connect」機能を利用すると、車内に乗り込んだ瞬間から、スマートフォンなど他のデバイスで再生中の音楽を、そのままTouch Proインフォテインメントシステムが引き継いで再生する。

改良新型Fタイプには、カスタマイズ可能な高解像度12.3インチTFTインストルメントクラスターやApple「CarPlay」を標準装備した「スマートフォンパック」などのテクノロジーを搭載している。「SOTA」(ソフトウェア・オーバー・ジ・エア)機能を使用すると、ディーラーを訪問しなくても、Touch Proインフォテインメントシステムのソフトウェア更新を無線通信で行える。

なお、Spotifyアプリのインストールは、車両のmicro-SIMカードまたはWi-Fi接続で行う、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジャガー Fタイプ 改良新型(シカゴモーターショー2020)
  • ジャガー Fタイプ 改良新型
  • ジャガー Fタイプ 改良新型の開発現場を駆け抜けるHot Wheelsのミニカー
  • ジャガー Fタイプ 改良新型
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ