関西本線全線で交通系ICカードの利用が可能に…定期券を除き、TOICAとICOCAの跨り利用は不可 2021年春

新たにICOCAの利用が可能となる関西本線伊賀上野駅。
新たにICOCAの利用が可能となる関西本線伊賀上野駅。全 3 枚写真をすべて見る

JR西日本は2月26日、ICカード「ICOCA」の利用エリアを関西本線で拡大すると発表した。

名古屋駅(名古屋市中村区)とJR難波駅(大阪市浪速区)を結ぶ関西本線は、名古屋~亀山間がJR東海エリア、亀山~JR難波間がJR西日本エリアとなっているが、JR西日本エリアでは電化区間である加茂駅(京都府木津川市)以西がICOCAの利用エリアとなっている。

しかし、2021年春には、非電化区間の亀山~加茂間で運行されているキハ120形気動車に車載型IC改札機が導入される予定となっており、関西本線全線でICOCAの利用ができる運びとなった。

新たに利用可能となる駅は、関・加太(かぶと)・柘植(つげ)・新堂・佐那具・伊賀上野・島ヶ原・月ヶ瀬口・大河原・笠置の各駅。

JR東海エリアではすでに「TOICA」が導入されているが、定期券を除いてTOICAエリアとICOCAエリアを跨る利用はできない。定期券については亀山駅を境に跨り利用ができるIC定期券が発売される。
関西本線関西本線

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV