ピックアップの王者、フォード『F-150』次期型が大進化!EV設定でサイバートラック対抗か

フォード F-150 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
フォード F-150 次期型プロトタイプ(スクープ写真)全 13 枚写真をすべて見る

フォードの主力ピックアップトラック、『F-150』次期型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

1973年に発売されたF-150は、以降1998年までFシリーズとして複数モデルが販売されていたが、1999年以降はF-250以上のモデルが「スーパーデューティー」として独立したため、それ以降Fシリーズと言えば「F-150」となっている。

捉えた最新プロトタイプは、フロントやリアが完全に露出、フォード『レンジャー』に似たグリル、先端の尖った「E」デザインではなく、曲線的「L」デザインのLEDデイタイムランニングライト、再設計されたサイドミラーやバンパーのエアインテーク、シンプルになった五角形のテールライトなどが見てとれる。

また、左フロントフェンダーには充電口とみられる形状も確認できる。

キャビン内では、フルデジタルクラスタ、12インチの大型インフォテイメントディスプレイ、より高品質の素材やガジェットの採用など、大幅に変身するという。

パワートレインは、3.3リットルV型6気筒EcoBoostエンジン、5.0リットルに代わる4.8リットルV型8気筒エンジンをラインアップ。PHEVは3.0リットルV型6気筒EcoBoost+100hpの電気モーターで10速ATと組み合わされる。

F-150の世界デビューは、6月のデトロイトモーターショーが有力だ。またフォードは電動ピックアップ市場に参入すると発表しており、フルEVバージョンのワールドプレミアを2020年内に予定。テスラ『サイバートラック』に対抗する。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ