ヤマトや佐川、宅配便対面授受で臨時措置…新型コロナウイルス感染拡大

宅配便(佐川急便)
宅配便(佐川急便)全 2 枚写真をすべて見る

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大を受け、ヤマト運輸と佐川急便は、宅配便対面授受に関する感染防止策をスタートした。

ヤマト運輸は、在宅時にインターホン等でセールスドライバーに希望を伝えることで、自宅玄関前等の指定場所に荷物を置くサービスを一時的な対応として、3月31日まで実施する。受領印は不要で、セールスドライバーが顧客からの希望があった旨を配達票に記載することで受領印に代える。また無料会員サービス「クロネコメンバーズ」向けには、オープン型宅配便ロッカー「PUDOステーション」での受け取りも案内している。

佐川急便は、宅配便の受け取り時に求めるスマートフォン画面上でのサインを控え、伝票への押印・サインに順次切り替えていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 宅配便取扱個数の推移(2019年度)
  • ヤマトホールディングスが導入する新しい制服
  • 八幡観光バスとヤマト運輸、路線バスによる客貨混載を開始
  • (イメージ)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ