MONETと浜松市、次世代モビリティサービスによる持続可能な都市づくりで連携

MONET
MONET全 1 枚写真をすべて見る

浜松市とMONETテクノロジーズは3月6日、次世代モビリティサービスによる持続可能な都市づくりに関する連携協定を締結した。

今回の連携協定は、異なる交通手段や医療・福祉などの各種サービスの連携、モビリティ分野における先端技術およびデータの活用などの次世代モビリティサービスに関する取り組みを通して、持続可能な都市づくりを推進することを目的としたもの。

浜松市は2019年10月、人口減少や少子高齢化をはじめとした社会課題を踏まえて、AIなどの先端技術やデータを活用して持続可能な都市づくりを推進することを目的とした「デジタルファースト宣言」を発表。戦略的な取り組みの一つとして「『都市づくり』のデジタルファースト」を掲げている。

浜松市とMONETは、この実現に向けて、今後モビリティ分野での取り組みを共同で推進していく予定。医療や福祉とモビリティを掛け合わせた取り組みや、各種データの活用によるモビリティサービスの最適化などを検討している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 開発したマルチタスク車両
  • MONET
  • データ基盤やAPIを備えたMONETプラットフォームの狙い…MONET Technologies 技術本部 システム部 システム開発課 課長 永井泰裕氏[インタビュー]
  • MONET
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ