チャットボットによる双方向・リアルタイムな事故対応サービス開始 損保ジャパン日本興亜

<チャットボット画面のサンプル
<チャットボット画面のサンプル全 2 枚写真をすべて見る

損保ジャパン日本興亜は、自動車保険と傷害保険の保険金請求で、LINE上のチャットボットによる双方向・リアルタイムな事故対応サービスを3月から開始すると発表した。

損保ジャパン日本興亜では、スマートフォン上で保険金の請求手続きができる「LINEによる保険金請求サービス」を2018年10月から開始。今回、同サービスに独自開発したチャットボットによる自動応答機能を搭載し、「24時間365日」「双方向」での事故対応サービスを実現する。なお、事故受付から保険金支払いの案内まで、チャットボットで事故対応が完結するのは大手損害保険会社では初のサービスとなる。

今後は、チャットボットのバージョンアップをするとともに、修理工場の紹介やレンタカーの手配など、「LINEによる保険金請求サービス」で利用できるコンテンツを拡充し、サービス向上に努めていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 「レベル IV ディスカバリー」
  • Anyca オーナー定額支援プログラム
  • 実証実験の概要
  • マクニカが取り扱う自動運転シャトルバス「ナビヤ」
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV