高速道路「賢い料金」の一時退出時間を延長へ 「十分休憩できない」の声に対応

高速道路の「賢い料金」制度の概要
高速道路の「賢い料金」制度の概要全 2 枚写真をすべて見る

国土交通省は3月13日、高速道路からの一時退出を可能とする「賢い料金」制度について3月27日から一時退出可能時間を延長すると発表した。

高速道路では、休憩施設の間隔が25km以上離れている空白区間が約100区間ある。この空白区間を半減するため、現在全国23か所の「道の駅」を対象に、高速道路からの一時退出を可能とする「賢い料金」を実施している。

これまでの実験で「時間が短いため十分な休憩ができない」などの意見があったことを踏まえ、現在実験中の全国23か所の「道の駅」を対象に、3月27日0時から一時退出可能時間を現行の1時間から3時間へ引き上げ、引き続き検証を進める。

一時退出制度ではETC2.0搭載車を対象に、高速道路を降りて対象の「道の駅」に立ち寄った後、3時間以内に再進入した場合、降りずに利用した料金のままとする。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 首都高入口
  • (イメージ)
  • (イメージ)
  • 令和2年7月豪雨(7月5日、熊本県人吉市)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV