豪EVバイク「スーパーソコ」日本上陸…BOSCH高性能パワーモーター採用

スーパーソコ TCMAX
スーパーソコ TCMAX全 6 枚写真をすべて見る

電動バイクXEAM(ジーム)は、豪Vmoto社が展開するEVバイク「SUPER SOCO(スーパーソコ)」5モデルの取り扱いを開始した。

スーパーソコは豪州に本社を置くVmoto社が2015年に立ち上げたEVモビリティブランド。ドイツのiFデザインアワードや、日本のグッドデザイン賞なども受賞し、欧州を中心に1万台、その他の国々(タイ、韓国、メキシコ、コロンビア、ニュージーランド、アフリカ各国)に1万台を超える出荷実績がある。今回取り扱いを開始する5モデルは、BOSCH高性能パワーモーターと大容量/高セキュリティの新世代バッテリーを組み合わせ、優れたパフォーマンスと航続距離を実現している。

『CUX』は、クラス最速となる65km/hを達成する、原付一種EVスクーター。マトリクスLEDヘッドライトやウィング型LEDインラインテールライトなど、個性的なデザインを採用したほか、明るさ自動調整するインテリジェントハイライトディスプレイや、リモコンキーによるシートロック解除、クルーズコントロールシステムなど、最新技術を投入している。航続距離は65~70km。販売予定価格(税別)は24万8000円。ドゥカティとのコラボモデル(29万8000円)も用意する。

『TC』は、カフェレーサースタイルの原付二種EVモーターサイクル。LEDヘッドライトや、ブレーキ/ナンバーランプ一体化型LEDテールランプなどを装備する。メーターデザインは液晶ディスプレーと統合。クラシカルなスタイルにマッチするよう、シンプルな表示で視認性に優れたデザインとしている。足回りでは、前輪用3ピストンキャリパー、後輪用1ピストンキャリパー採用。後輪用ブレーキ油圧を前輪に配給し、ブレーキバランスを向上させている。最高速度75km/h、航続距離110~120km。販売予定価格は39万8000円。

『TSX』は、スタイリッシュな原付二種EVモーターサイクル。メイン/サブフレームの分割タイプフレームを採用し、軽量化を実現。足回りは35mm倒立サスペンションとアジャスタブルシングルリアサスペンションを採用し、高いスポーツ性能を実現している。最高速度75km/h、航続距離110~120km。販売予定価格は39万8000円。

『TCMAX』は、ハイスペックな動力性能とブレーキ性能を持つ軽二輪クラスのEVモーターサイクル。CBSブレーキシステムやフロント/リアディスクブレーキにより、快適かつ安全なライディングが楽しめる。最高速度95km/h、航続距離110km。販売予定価格は44万8000円。

『CPX』は快適な走行性能を備えた軽二輪クラスのEVスクーター。独自の片持ちスイングアームモーター、鋼鉄製の大型リアキャリアを備えるほか、高性能バッテリーにより、航続距離は最高140km。ロングライドも可能としている。最高速度90km/h。販売予定価格は49万8000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV