アプリリア トゥオーノV4 1100ファクトリー、新グラフィックの2020年モデル発売

アプリリア トゥオーノV4 1100ファクトリー
アプリリア トゥオーノV4 1100ファクトリー全 2 枚写真をすべて見る

ピアッジオグループジャパンは、アプリリアのスーパースポーツ ネイキッド『トゥオーノ V4 1100 ファクトリー』2020年モデルの受注をスタート、4月上旬より順次出荷を開始する。

トゥオーノV4ファクトリーは、最大出力175hp、最大トルク12.3kgmを発生する1077cc V型4気筒エンジンを搭載。フラッグシップスーパースポーツ『RSV4』譲りの優れたパフォーマンスを発揮する。また、APRC(アプリリア・パフォーマンス・ライド・コントロール)、コーナリングABS、クイックシフト(シフトダウン対応)、ピットリミッター、クルーズコントロールなどの電子制御システムを備える。

2020年モデルはフロントフェンダー、サイドパネル、フューエルタンクカバーをカーボンファイバー製としたほか、アプリリアのMotoGPマシン「RS-GP」をイメージしたグラフィックデザインを採用。『RSV4 1100ファクトリー』のラインに沿ったマットブラックをベースにトリコロールグラフィックを配した。

価格は209万円。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ