「うめきた」の地下駅は大阪駅として開業…西側新改札と改札内連絡橋でつなぐ 2023年春開業

「うめきた2期地区」開発工事の開始が近くなり、更地にされた頃の梅田貨物駅跡。この下が地下区間となる。
「うめきた2期地区」開発工事の開始が近くなり、更地にされた頃の梅田貨物駅跡。この下が地下区間となる。全 3 枚写真をすべて見る

JR西日本は3月25日、東海道本線貨物支線(吹田貨物ターミナル~西九条)のいわゆる「梅田貨物線」の一部地下化に伴ない、大阪駅北部にある梅田貨物駅跡の地下に設ける仮称「うめきた(大阪)地下駅」を大阪駅とすると発表した。

梅田貨物駅跡付近の地下化に関連した「うめきた2期地区」と呼ばれる大阪駅北側地区の開発工事は、2016年8月から本格的に開始。2019年12月には大阪駅西側地区の開発も着手され、2020年夏には北側地区と、西側地区に設けられる新改札口とを地下で結ぶ改札内連絡通路の整備が始まる。

そのため、「うめきた(大阪)地下駅」は大阪駅の一部と看做されることになり、2023年春に大阪駅として開業。西側地区の新改札口も暫定的に供用が開始される。

そして、2031年春に梅田貨物線に設けられる仮称・北梅田駅(大阪市北区)と、南海電気鉄道(南海)の新今宮駅(大阪市西成区)、JR難波駅(大阪市浪速区)とを結ぶ「なにわ筋線」が開業すると、「うめきた(大阪)地下駅」こと大阪駅に同線の列車が乗り入れることになる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 京急本線品川~北品川間にある品川第一踏切。いわゆる「開かずの踏切」で渋滞の原因にもなっている。
  • 運行開始が見通せなくなった山口線の『SL「やまぐち」号』。
  • 本線南部の延伸工事がいよいよ始まる大阪モノレール。
  • アンパンマンの世界観をふんだんに取り入れた上で「アンパンマンのスタンダードを追求し、お子様のよく知るおなじみのなかまたちが仲良く集まっている様子を表現」するとした新しいアンパンマン列車のデザイン。赤ベースの「笑顔の『ニコニコ』」と黄色ベースの「輝く『キラキラ』」という外観で、アンパンマン好きの子供へ親しみやすさなどを訴求する。
  • 2015年1月、高波で被災した当時の日高本線厚賀~大狩部間。
  • 向ヶ丘遊園駅北口のライトアップ状態。
  • 札幌~室蘭間の特急『すずらん』は現在6本が運休しているが、4月24日には2本が再開する。
  • 転落検知システムのイメージ

ピックアップ