【スーパーフォーミュラ 第3戦】オートポリスも開催延期…新型コロナウイルス

2019年シーズンのオートポリス戦は第2戦だった。
2019年シーズンのオートポリス戦は第2戦だった。全 4 枚写真をすべて見る

オートポリスは3月31日、オートポリスインターナショナルレーシングコース(大分県日田市)にて、5月16~17日に開催を予定していた「全日本スーパーフォーミュラ選手権シリーズ第3戦オートポリス」に関して、開催延期を発表した。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、関係各所と共に、慎重に検討を重ねた結果、来場者、レース参加者、ならびに大会関係者の安心・安全を最優先に考慮し、開催を延期する判断となった。 延期に伴う代替開催日に関しては決定次第あらためて発表される。

なお、併催を予定していた「TCRジャパンシリーズ2020 第4戦・第5戦」「2020年全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権 第6戦・第7戦・第8戦」「2020 N-ONE OWENER’S CUP Rd.4」も開催延期となった。

4月4~5日に開催を予定していた第1戦「全日本スーパーフォーミュラ選手権第1戦NGKスパークプラグ鈴鹿2&4レース」、4月18~19日に開催を予定していた第2戦「2020年全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦富士スピードウェイ」はすでに開催延期が決定している。代替日程は未定。

これで2020年シーズン開幕戦は、本来は折り返し点であった、6月20~21日開催の第4戦「2020年全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦スポーツランドSUGO」となる。

《河村大志》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV