マセラティ ギブリ がPHEV化!? 新開発の2リットル直4ターボ搭載、2度目の大改良へ

マセラティ ギブリ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
マセラティ ギブリ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)全 14 枚写真をすべて見る

マセラティの4ドアサルーン『ギブリ』が、大規模なフェイスリフトをおこなうようだ。改良新型プロトタイプの姿を、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

2013年にEセグメント・4ドアサルーンとして復活したギブリは、2017年に初めて大幅改良を実施。今回スクープしたモデルが2度目のフェイスリフトとなる。

スカンジナビアで捉えたプロトタイプは、ボンネットフードのみカモフラージュがされており、エクステリアに大幅な変更は行われないようだ。おそらく最終的には、ヘッドライトとリアエンドの微調整程度となるだろう。

マセラティ ギブリ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
一方でキャビン内は刷新される可能性が高い。布で覆われたコックピットは、中央に拡大されたインフォテイメントシステムを搭載、フルデジタルクラスタの採用も濃厚と言えそうだ。

目玉はパワートレインで、現行モデルでは3.0リットルV型6気筒ツインターボエンジンを搭載しているが、貼られたステッカーには「2.0 330HP」と明記されており、2.0リットル直列4気筒ターボチャージャーの搭載が予想される。

またガスキャップ上部に黒いステッカーがみられ、これが充電ポートであるならばプラグインハイブリッドとなる可能性がある。ただし、電動テスト車両に貼られる注意を促すステッカーがないことから、これはダミーで、ガソリンエンジンのみとなる可能性も残されている。

改良新型のワールドデビューは、4月の北京モーターショーが有力だったが、新型コロナの影響により延期。近々デジタルワールドプレミアとなりそうだ。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV