大型バス スペースランナー など、エアヒータ配線が焼損するおそれ リコール

改善箇所
改善箇所全 1 枚写真をすべて見る

UDトラックスは3月31日、日産ディーゼルの大型路線バス『スペースランナー』などのエアヒータリレーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2005年5月19日から2010年8月20日に製造された『ふそうエアロスターS』などを加えた3機種2462台。

対象車両は、エンジンインテークエアヒータリレーにて、リレー内部電気接点の耐久性が不足しているため、アイドリングストップ機能や、停留所等でのエンジン停止始動を頻繁に繰り返すと、接点部がアーク放電により溶損することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、接点が溶着状態となり発熱して炭化・発煙し、最悪の場合、リレーおよび配線の一部が焼損に至るおそれがある。

改善措置として、全車両、インテークエアヒータリレーを新品に交換する。また、エアヒータ機能を解除する手動ON/OFFスイッチを追加し適切な使用を励行するステッカーを貼付し、エアヒータの作動条件等を明記したリーフレットを配布する。なお、追加部品の供給に時間を要することから、当該リレーを先行して交換し、追加部品は供給の準備でき次第、改めて取付けする。

不具合は3件発生、部分焼損事故が1件起きている。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • UDトラックス・クオン(参考画像)
  • 日野レンジャー(参考画像)
  • 隊列走行(イメージ)
  • UDトラックス クオン ショートキャブ車
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV