三菱 デリカD:5、5600台に改善対策 テールゲートが保持できない

三菱デリカD:5
三菱デリカD:5全 2 枚写真をすべて見る

三菱自動車は、『デリカ D:5』のテールゲートに不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。対象となるのは、2019年2月8日~4月15日に製造された5608台。交換修理用部品が組付けられた可能性がある2台および組付けられた車両が特定できない交換修理用部品12個も対象となる。

テールゲートのガス封入式スプリングにおいて、ロッドのメッキ処理時の温度管理が不適切なため、メッキ部分に微小亀裂が発生しているものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、封入されたガスがメッキの微小亀裂部分から漏れ、ガススプリングの反力が低下し、最悪の場合、テールゲートが保持できなくなるおそれがある。

改善措置として、当該ガススプリングのロット番号を確認し、対象のものは良品と交換する。

不具合は170件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • モンツァジャパン HI-BLOCK JERRARD
  • エンジョイ! カジュアル・カーオーディオ! MITSUBISHI・デリカ D5(オーナー:鵜飼 洋サン)by カーオーディオクラブ
  • 三菱デリカD:5ジャスパー
  • 三菱 デリカD:5 をスノーボードカメラマン柳田由人が使い倒した
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ