ヤンマー、マリン事業拡大に向け新会社を設立

ヤンマー X47エクスプレスクルーザー
ヤンマー X47エクスプレスクルーザー全 1 枚写真をすべて見る

ヤンマーホールディングスは4月1日、オランダのヤンマーマリンインターナショナル(YMI)傘下として、マリン事業の新会社「ヤンマーマリンインターナショナルアジア(YMIアジア)」を大分県国東市(旧ヤンマー造船本社)に設立した。

新会社は、日本を含むアジア地域における舟艇・海洋機器の開発・生産を担当。将来的にはマリン用小型エンジンおよび推進機器の開発・生産・販売・サービスまで事業エリアを拡大することで、グローバルなマリン事業の拡大を目指す。

さらにヤンマーグループが保有するマリーナやフラッグシップモデル「X-シリーズ エクスプレスクルーザー」などマリン関連のリソースを組み合わせるとともに、将来的にはシェアリングサービスのプラットフォームなどのソリューションも融合させ、ユーザーとのタッチポイント拡大により、心豊かなマリンライフを多くの顧客に提供する。

なお、国内のプレジャーボートや漁船および搭載機器の販売・サービスは、従来通りヤンマー舶用システムが引き続き担当する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV