温泉×大学×EVカーシェア、日産が実証事業を新潟で開始

日産自動車と新潟にしかん地域循環共生圏協議会、温泉×大学×EVカーシェアを活用した実証事業を開始
日産自動車と新潟にしかん地域循環共生圏協議会、温泉×大学×EVカーシェアを活用した実証事業を開始全 2 枚写真をすべて見る

日産自動車と新潟にしかん地域循環共生圏協議会は、温泉×大学×電気自動車(EV)カーシェアを活用した地域SDGsの実証事業を新潟で開始する。

新潟にしかん地域循環共生圏協議会は、岩室温泉旅館組合、岩室温泉観光協会、岩室温泉自治会、NPO法人いわむろや、新潟国際情報大学、おらって協議会、MUSIC DROP、SHEプロジェクトで構成、発足した新組織。新潟市西蒲区の岩室温泉と、新潟国際情報大学を中心とした、環境配慮型の観光および大学教育との融合による地域活性化と地域循環共生圏の実現を目指している。

今回、日産自動車と新潟にしかん地域循環共生圏協議会は、新潟市西蒲区の岩室温泉と新潟国際情報大学を中心に、教育と地域を連携する、EVカーシェアリングを活用した地域SDGsの取り組みに関する事業発表を行った。これに伴い、日産自動車は、2020年7月、新潟市岩室観光施設いわむろやに、同社のEVカーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」の新たなステーションを開設する。

新ステーションには、電気自動車の日産『リーフ』を配備し、土日・祝日、大型連休時には、岩室温泉を拠点に、観光客の移動手段として利用してもらうことで、地域観光の活性化を図っていく。また、平日は、新潟国際情報大学に拠点を移し、大学の教職員、学生など関係者の施設・拠点間の移動手段の他、地域産業や観光研究開発のために活用していく。これにより、クルマの遊休時間を有効的に活用できるだけでなく、移動手段に加え、観光で岩室温泉を訪れている多くの人に、EVならではの走行や環境性能を体感してもらうことができる。また日産自動車は、走行データなどの情報を提供し、地域観光を中心とした地域創生に貢献していく。

実証事業トライアルは、温泉×大学×EV、観光×教育×環境を融合する、全国でも、他に例をみない先進的な取り組みとなる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 所沢市と日産自動車、電気自動車を柱とする連携協定を締結
  • 日産と小田原市、SDGs達成に向けEVを活用した連携協定を締結
  • 日産と豊橋市、EVを活用した「災害連携協定」を締結
  • 日産自動車と岩手県陸前高田市、岩手日産自動車、盛岡日産モーター、日産プリンス岩手販売、日産チェリー岩手販売および東北が「電気自動車(EV)を活用した持続可能なまちづくりに関する連携協定」を締結
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ