アメリカ海軍、病院船を出動…ロサンゼルスとニューヨーク[フォトレボート]

米海軍病院船マーシー(3月23日、サンディエゴ)
米海軍病院船マーシー(3月23日、サンディエゴ)全 43 枚写真をすべて見る

アメリカ海軍は新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、保有する2隻の病院船を1隻ずつ、西海岸と東海岸に派遣した。ウイルスに感染していない疾病者の診療にあたる。「マーシー」(艦番号:T-AH 19)が3月27日にロサンゼルスに、「コンフォート」(艦番号:T-AH 20)が3月29日にニューヨークに入港した。

アメリカ海軍は2隻のマーシー級病院船を保有している。マーシー級病院船は手術室12室、病床1000床を備えるほか、デジタルX線撮影・透視設備、研究室、薬局、眼科研究室、CATスキャンなどをもつ。また大型軍用ヘリコプターが発着できるヘリポートもある。乗組員は最大配置で、民間人が71名と、海軍の医療関係者など1200名までが乗船する。通常は少数の乗組員でメンテナンスされており、5日間でフル装備出港が可能だ。

これらの病院船は、サンクレメンテ級タンカーを改造して作られた。動力はボイラー2缶をもち、ギアード蒸気タービンで推進軸1軸を回す。出力は2万4500HP、速力は17.5ノット(32.4km/h)だ。船の全長は272.6m、全幅は32m、満載排水量は6万9360米トン、メートル法換算で7万0473.1トンとなっている。

就役はネームシップのマーシーが1986年、コンフォートが1987年。現在、マーシーは西海岸サンディエゴ(カリフォルニア州)に、コンフォートは東海岸ノーフォーク(ヴァージニア州)に配備されている。

《高木啓》

この記事の写真

/

ピックアップ