米ホンダが生産停止を5月まで延長、テスラは人工呼吸器を試作…新型コロナウイルス

ホンダの米オハイオ州、メアリーズヴィル工場
ホンダの米オハイオ州、メアリーズヴィル工場全 4 枚写真をすべて見る

ホンダは米国とカナダの工場の生産を一時停止

ホンダ(Honda)の米国部門は4月6日、米国とカナダにおける自動車、エンジン、トランスミッション工場の生産停止を、5月1日まで延長すると発表した。

北米では現在、急速に変化する新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の前例のない経済的影響が悪化している。ホンダは状況を注視し、米国とカナダにおいて、一時的な生産調整を続けている。

北米の多くの都市や州では、外出が制限されており、ディーラーへの来客数は減少している。そのため、ホンダは需要と供給のバランスを取るために、生産調整を行う。

また、パワースポーツに関しても、ホンダのサウスカロライナ工場におけるATVなどのパワースポーツ製品の生産停止を、5月1日まで延長する。

テスラの人工呼吸器はEVのモデル3の部品で作動

テスラ(Tesla)は4月5日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大の影響により、医療現場で不足している人工呼吸器を試作した、と発表した。

テスラが試作した人工呼吸器は、市販EVの『モデル3』の部品を使って作動する。車載コンピュータやインフォテイメントシステムなどが、試作された人工呼吸器を動かす。

テスラは試作した人工呼吸器が作動する様子を、動画で紹介している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV