生産終了のアルファロメオ 4C、最終受注を開始…限定車も年内発売へ

アルファ ロメオ 4C(左)と4Cスパイダー
アルファ ロメオ 4C(左)と4Cスパイダー全 4 枚写真をすべて見る

FCAジャパンは4月8日、アルファ ロメオ『4C』および『4Cスパイダー』の2020年内での生産終了に伴い、日本における最終受注受付を開始した。

4C/4Cスパイダーは、アルファロメオが長い歴史の中で受け継いできた軽量化設計の思想を、最先端の技術を駆使して具現化したピュアスポーツカー。ボディにはカーボンファイバー製パッセンジャーセルやアルミニウムサブフレームなど軽量素材を随所に施し、車両重量はわずか1050kg(4Cスパイダーは1060kg)。最高出力240psを発生する4気筒1750cc直噴ターボエンジンを搭載し、0-100km/h加速4.5秒(欧州仕様参考値)という圧倒的な動力性能を発揮する。

4C/4Cスパイダーは2014年の発売以来、セグメントで唯一無二ともいえる高い運動性能を誇り、その優美で官能的なスタイリングでファンを魅了してきたが、今回が手に入れる最後のチャンスとなる。注文受付は4月30日まで。

なお生産終了に伴い、その歴史を締めくくるにふさわしい限定車『4Cファイナルエディション』『4Cスパイダー ファイナルエディション』(仮称・合計50台)を2020年末頃に発売。詳細は後日、アルファロメオ公式サイトで発表される。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アルファロメオ 4C
  • アルファロメオ 4C 4Cスパイダー
  • アルファロメオ 4Cスパイダー(画像は海外仕様)
  • アルファロメオ4CのコンプリートカーTEZZO  4C RT1開発中。
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG

ピックアップ

Response.TV