日産『エクストレイル』次期型、特許画像が流出!ジュークのような鋭い顔つきに

自動車 ニューモデル 新型車
日産 エクストレイル 次期型 特許画像 
日産 エクストレイル 次期型 特許画像  全 6 枚 拡大写真
日産のミッドサイズ・クロスオーバーSUV、『エクストレイル』(海外名:ローグ)次期型の特許画像がブラジル経済省から流出、スウェーデンのエージェント経由でその画像を入手した。

エクストレイルは、1997年の東京モーターショーで初公開された『トレイルランナー』を起源とし、2000年に初代「T30型」が発売。2007年にフルモデルチェンジが執行され、第2世代へバトンタッチされた。その後グリーンディーゼル車は2015年まで継続販売されるも、2013年には現行モデルとなる第3世代「T32型」が発売された。海外では『ローグ』として人気を博している。

入手したエクストレイル新型のパテント(特許)画像からは、顕著なVモーショングリル、『ジューク』新型を彷彿させる鋭いヘッドライト、垂直型のコーナーエアインテーク、よりワイドな開口部を備えており、以前「Spyder7」スクープ班で制作した予想CGとかなり似たデザインが見てとれる。

サイドビューでは、エッジの効いたボディワーク、キックアップするベルトライン、流線型のルーフライン、お馴染みのDピラー処理も確認できる。また後部では、新しい薄型テールライト、再設計されたスポイラーも見てとれる。

キャビン内の画像はないが、より大型のディスプレイ、自立型インフォテイメントシステムを搭載、ハイクオリティのスイッチ類などが予想される。また「スノー」、「オフロード」、「ストリートドライブ」など少なくとも5つの異なるモードを搭載するという。

パワートレインは、最高出力191ps、最大トルク244Nmを発揮する2.5リットル直列4気筒エンジンのほか、新世代パワートレイン「e-POWER」の搭載が濃厚だ。現行エクストレイルの必要に応じてモーターがアシストするハイブリッドとは異なり、エンジンが発電した電気で駆動するシステムだ。『セレナ』や『ノート』では1.2リットルエンジンを搭載しているが、エクストレイルでは排気量アップや改良されたe-POWERの搭載が期待される。

発表は2020年夏以降と見ているが、コロナウィルスの影響のためデジタルワールドプレミアとなる可能性もあるだろう。

《Spyder7 編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産 ローグ 新型
  • ZFの先進運転支援システム(ADAS)向け新世代カメラ「S-Cam4.8」
  • 日産ローグ新型(北米市場向け2021年型)
  • 日産エクストレイル初代
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ