配送にEVトラックは使えるのか EVイニシアティブがeキャンターで検証へ

三菱ふそう eキャンター
三菱ふそう eキャンター全 2 枚写真をすべて見る

中部電力と丸紅が共同で設立したフリートEVイニシアティブ(FEVI)は4月9日、名鉄運輸とエスライングループのエスライン各務原とともに、三菱ふそうトラック・バスのEVトラック『eキャンター』を使って実証実験を実施すると発表した。

実証実験は、物流事業におけるEVトラックの運用に関する知見を得ることを目的に実施するもの。

名鉄運輸が2台、エスライン各務原が1台それぞれEVトラックを配送に使用し、運行スケジュールに応じた充電方法や急速充電による車両稼働率の向上効果、電力消費のピークコントロールによる電気料金の抑制効果、車両電動化に伴うCO2削減効果を検証する。実証期間は4月9日から2022年3月31日まで。

FEVIは、物流・運輸事業者の電動化を促進してCO2削減に貢献するとともに、電動車両の蓄電機能を活用した災害時のBCP(事業継続計画)対策や、再生可能エネルギーの活用についても提案していく。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ自動車本社(参考画像)
  • トヨタ MIRAI と水素ステーション(参考画像)
  • EVバスの充電を活用したエネルギーマネジメント実証の概要
  • 「CO-エネ」サービス
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ