プジョー 2008 新型、FOCALのプレミアムHi-Fiサウンドシステムを純正採用

プジョーに純正採用されたFOCAL(フォーカル)のプレミアムHi-Fiサウンドシステム
プジョーに純正採用されたFOCAL(フォーカル)のプレミアムHi-Fiサウンドシステム全 4 枚写真をすべて見る

プジョーは4月9日、欧州向けの新型『2008』(Peugeot 2008)に、FOCAL(フォーカル)のプレミアムHi-Fiサウンドシステムを純正採用した、と発表した。

FOCALは、Hi-Fiソリューション製品における世界的リーダーとして認められている。フランスに本拠を置くFOCALは、家庭用およびマルチメディア用のスピーカー、自動車用オーディオシステム、レコーディングスタジオ用のモニタースピーカー、ヘッドフォンを生産している。 すべてのFOCAL製品は、フランスで設計・開発されており、製品には40年近くに及ぶ音響の技術革新が反映されている。

プジョーは2014年にFOCALと提携を結び、2016年に発売された『3008』と『5008』に、FOCALのHi-Fiサウンドシステムを純正採用した。

FOCALのエンジニアは、新車開発プロジェクトの初期の段階から参画している。最初のスケッチから、レイアウト、パフォーマンスの基準を考慮しながら、可能な限り、最高のサウンドを追求している。

新型プジョー2008には、10台のスピーカーを備えたFOCALのプレミアムHi-Fiシステムが純正採用されている。両ブランドが共同で設計し、新型2008の室内トリムやドアグリルに最適な音響システムを開発した。

プジョーとFOCALは、共通の未来を想像しながら、絶え間ない音響の完璧さを追求していく、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • プジョー 208 新型
  • プジョー 2008 新型のEV、e-2008
  • プジョー 2008 新型
  • プジョー 2008 新型のEV、e-2008
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ