ホンダ、新型コロナ感染者搬送車両の提供開始…フェイスシールドも生産へ

感染者を搬送する車両(仕立て内容)
感染者を搬送する車両(仕立て内容)全 2 枚写真をすべて見る

ホンダは新型コロナウイルス感染防止に向けた支援活動として4月13日、「感染者を搬送するための車両(仕立て車)」の提供を開始。また、5月末までに「フェイスシールドの生産」を開始すると発表した。

感染者を搬送するための車両は、自治体への軽症者の移動を支援するために実施。4月13日に港区・渋谷区への納車を完了し、今後は都内など感染者の多いエリアから納車を行う予定だ。同車両は、『オデッセイ』や『ステップワゴン』などをベースに、搬送時の感染リスクを削減するため、運転席と後部座席に仕切りを設置。前後席間の圧力差を利用して、飛沫感染を抑制する構造に仕立てている。生産は埼玉製作所(狭山工場)を皮切りに、各国内事業所で行っていく予定だ。

また、医療現場のニーズが高いフェイスシールドを、2020年5月末までに、ものづくりセンター栃木、鈴鹿などの国内事業所にて生産し、医療現場への無償提供を実施予定。人工呼吸器についても、生産支援を視野に引続き検討していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 新型コロナウイルス感染拡大収束後の購入意向
  • 医療法人清真会 丹野病院 丹野英院長
  • 首都高入口
  • 休廃業・解散した企業(1-8月累計)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV