【ダイハツ タフト 新型】「バックパックスタイル」のアクティブ軽クロスオーバー、概要を発表

ダイハツ タフト メッキパック
ダイハツ タフト メッキパック全 30 枚写真をすべて見る

ダイハツは4月20日、6月に発売を予定している新型軽クロスオーバー『タフト(TAFT)』の商品概要を発表した。

タフトは、日常生活からレジャーまでアクティブに使える「バックパックスタイル」の軽クロスオーバー。快適なドライビングを提供するクルースペース(前席)と、アレンジ自由自在の「フレキシブルスペース(後席)」の2つをハッキリと分けた印象的なスタイルを採用する。

エクステリアは、スクエアなボディや逞しいフロントフェイス、高い地上高や大径タイヤなど、レジャーに出かけたくなる頑強なデザインとした。ボディカラーは新規開発色の「レイクブルーメタリック」「フォレストカーキメタリック」「サンドベージュメタリック」を含む9色をラインアップ。上質感とクールさを付加する「メッキパック」もディーラーオプションとして用意する。

インテリアは、ドライバーを中心に配置した機能部品や厚身で角ばった断面のフロントシート、容量や使い勝手に優れた収納スペースなど、気兼ねなく使える機能的でタフな室内空間を実現。また、運転視界を景色に変える大きなガラスルーフ「スカイフィールトップ」を全グレードに標準装備する。

ダイハツ タフト(インテリア)ダイハツ タフト(インテリア)

フレキシブルスペースは、「フルフラットモード」「フレキシブルデッキ立て掛けモード」「フレキシブルデッキ下段モード」など、さまざまなアレンジで日常からレジャーまで幅広く対応。マルチフックや汚れを拭き取りやすいデッキボードなども備える。

基本性能では、小型SUV『ロッキー』で好評の新プラットフォーム「DNGA」を採用。乗り心地・操安性の良さに加え、力強く軽やかな走行性能を実現。また、ダイハツ初となる電動パーキングブレーキを全グレード標準装備。停車時間を保持するオートブレーキホールド機能も備える。

ダイハツ タフトダイハツ タフト

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ