日野レンジャー、4万台をリコール…排出ガス発散防止装置やオルタネータに不具合

日野レンジャー(参考画像)
日野レンジャー(参考画像)全 3 枚写真をすべて見る

日野自動車は4月23日、中型トラック『レンジャー』のDPRフィルタ詰まり検知用パイプおよびオルタネータに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2017年4月5日から2019年11月5日に製造された合計4万0351台。

DPRフィルタ詰まり検知用パイプについては、固定方法が不適切なため、DPR本体の熱膨張・収縮等によりパイプ固定部に亀裂が発生するものがある。そのため、亀裂部から排気ガスが漏れ、DPRフィルタに煤が堆積してもDPR警告灯が点灯しなくなり、最悪の場合、DPRフィルタが損傷するおそれがある。

対象となるのは3万3395台。改善措置として、全車両、当該パイプおよび固定金具を対策品に交換する。不具合は62件発生、事故は起きていない。

オルタネータについては、60A仕様のプラス端子部の絶縁用ブッシュ形状が不適切なため、融雪剤等を含んだ水分が当該端子部とオルタネータ本体の間に付着すると漏電が発生するものがある。そのため、バッテリ充電警告灯が点灯し、当該端子付近が焼損することで充電不能となり、エンジンが停止するおそれがある。

対象となるのは3万2858台。改善措置として、全車両、プラス端子部を対策品に交換するとともに、端子部配線の絶縁キャップに防水テープを追加する。なお、端子部配線に腐食が認められる場合には補修用配線に交換する。不具合は12件発生、事故は起きていない。

ともに市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV