パナソニック、新型コロナウイルスの影響で売上げ2500億円減 2020年3月期通期業績見通しを修正

ドライブレコーダーCA-DR03D
ドライブレコーダーCA-DR03D全 1 枚写真をすべて見る

パナソニックは4月27日、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の影響を織り込み、2020年3月期の通期業績見通しの修正を発表した。

売上高は、外出制限による販売の減少や部品調達難に伴う工場の停止・稼働率低下による販売機会の損失の影響を反映して、前回予想から2500億円マイナスの7兆4500億円となる見通し、

営業利益は3000億円で据え置いた。アプライアンスやコネクティッドソリューションズを中心とする新型コロナウイルス感染拡大によるマイナス影響を固定費削減でカバーするため。

当期利益は法人税の減少で前回予想から100億円増となる2100億円に上方修正した。

同社では2020年3月末の現金及び現金同等物の残高が約1兆円を確保したとしており、新型コロナウイルスの問題を受けて手元資金を厚めにしていることを明らかにした。

一方、新型コロナウイルス感染拡大による2019年度の事業別影響も発表した。オートモーティブ事業は自動車メーカーの世界の各拠点での工場稼働休止などに伴って日本、欧米、中国、アジア地域で需要の影響があったとしている。供給では中国での外出規制や一部の部品供給難から限定的だが、同社の生産・稼働に影響があったとしている。

インダストリアルソリューションズ事業では車載市況の低迷や、新型コロナウイルスの影響もあってモーター、センサー、リレーなどの需要に影響があった。供給でも中国での自社工場で出勤体制が整わないことによる稼働低下の影響があったとしている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • パナソニックの梅田博和CFO
  • 新型ジェッター
  • パナソニック“ゴリラ”の進化が止まらない!さらに機能が充実した驚きのPND登場
  • トヨタ・ハリアー新型
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ