トヨタ、新型コロナ影響で世界販売は23.8%減に急落 2020年3月実績

トヨタ・カムリ・ハイブリッド(北米仕様)
トヨタ・カムリ・ハイブリッド(北米仕様)全 2 枚写真をすべて見る

トヨタ自動車は4月28日、2020年3月の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。グローバル販売台数は前年同月比23.8%減の68万1510台で、3か月連続の前年割れとなった。

国内販売(含軽)は同3.8%減の17万9806台で6か月連続のマイナス。除軽では同3.6%減の17万6734台。除軽市場のシェアは47.1%で、前年同月と比べて3.2ポイントアップした。海外販売は同29.1%減の50万1704台で3か月連続のマイナスとなった。

グローバル生産台数は同20.6%減の64万0973台で、3か月連続のマイナスとなった。国内生産は同13.2%減の27万9065台で6か月連続のマイナス。海外生産は同25.5%減の36万1908台、3か月連続で前年実績を下回った。

輸出は同14.3%減の16万8649台、4か月連続のマイナスだった。

2019年度(2019年4月~2020年3月)のグローバル生産台数は同0.9%減の946万5868台で、8年ぶりの前年割れとなった。

国内販売(含軽)は同1.1%増の158万7297台で3年ぶりのプラス。除軽では同1.3%増の155万2707台。除軽市場のシェアは48.8%で、前年と比べて2.9ポイントアップした。海外販売は同1.2%減の787万8571台で3年ぶりのマイナスとなった。

グローバル生産台数は同2.2%減の874万0698台で、2年ぶりのマイナスとなった。国内生産は同2.8%増の330万3688台で4年連続のプラス。海外生産は同5.0%減の543万7010台、3年連続で前年実績を下回った。

輸出は同4.9%増の204万3690台で3年連続のプラスだった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV