日産のグローバル販売、42.6%減の31万5194台 2020年3月実績

日産マキシマ
日産マキシマ全 2 枚写真をすべて見る

日産自動車は4月28日、2020年3月の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。グローバル販売台数は前年同月比42.6%減の31万5194台だった。

国内販売は同19.0%減の5万8892台で6か月連続のマイナスだった。登録車は同32.7%減の3万4883台。軽自動車は同14.9%増の2万4009台で5か月連続プラスだった。海外販売は同46.2%減の25万6302台となった。

グローバル生産は同41.4%減の26万1975台、6か月連続で前年同月実績を下回った。国内生産は同28.9%減の5万5233台。海外生産は同44.0%減の20万6742台で6か月連続のマイナスとなった。

輸出は同28.5%減の2万7870台。4か月連続で前年実績を下回った。

2019年度(2019年4月~2020年3月)のグローバル販売は前年度比13.2%減の479万1600台、2年連続で前年実績を下回った。国内販売は同10.3%減の53万4458台と3年ぶりのマイナス。軽自動車は同11.6%増の20万5430台と好調だったが、登録車は同20.1%減の32万9028台と伸び悩んだ。海外販売も同13.6%減の425万7142台で2年連続のマイナスとなった。

グローバル生産台数は同14.5%減の458万2074台、2年連続で前年実績を下回った。国内生産は同15.9%減の75万7692台と、3年連続のマイナス。海外生産も同14.3%減の382万4382台と2年連続のマイナスとなった。

輸出は同12.5%減の43万9423台。3年連続で前年実績を下回った。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV