日産 セレナ 次期型は「プロパイロット2.0」搭載か、新e-POWERはリッター30km超えも?

日産 セレナ 次期型 予想CG
日産 セレナ 次期型 予想CG全 3 枚写真をすべて見る

圧倒的な人気を誇る日産の主力ミニバン『セレナ』。その次期型に関する情報をスクープサイト「Spyder7」が入手、予想CGを制作した。

セレナは、1991年『バネット コーチ』後継モデルとして、『バネット セレナ』の名でデビューを果たした。1999年の第二世代では、ホンダ『ステップワゴン』に対抗してFRからFFレイアウトへ進化、両側スライドドアを採用し使い勝手を向上させた。その後2005年に第三世代、2010年に第四世代を投入、現行型は2016年に発売され、2018年には『セレナe-POWER』を投入、ミニバンカテゴリーに確固たる地位を築き上げた。

そしていよいよ第五世代「C28型」へバトンタッチされる。

パワートレインは、2.0リットル直列4気筒+マイルドハイブリッドをベースとするが、ハイライトは、1.2リットル直列3気筒+電気モーターによる新世代「e-POWER」の存在だろう。排気量が2.0リットルへ拡大される可能性もあり、最新世代e-POWERでは、最高出力は145psへ向上、燃費は現行e-POWERの26.2kmから一気に30kmに達するとも噂されており、実現すればライバルのホンダ『ステップワゴン』にとっては驚異となりそうだ。

安全装備での注目は「プロパイロット2.0」の搭載だ。高速道路限定ながら、同一車線内のハンズフリードライブを実現してくれる。『スカイライン』に先行導入された先進技術が、いよいよ大衆車に展開される。

予想されるエクステリアは、全体的に、よりシャープに未来的なデザインとなりそうだ。フロントは大型グリルに一体感を持たせたヘッドライトに、プラス二段構成のLEDを配置。Aピラーは若干傾斜され、よりワンモーションシルエットを強調したものとなる。またサイドウィンドウはリヤに向かって若干細くシャープに。ボディアンダー部分は複雑なキャラクターラインで迫力を演出すると予想される。

セレナ新型のワールドプレミアは、最速で2021年5月、または夏以降か。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • オンライン ナイト サファリ
  • 日産 セレナ e-POWER ハイウェイスターV(ボディカラーブリリアントホワイトパール&ダイヤモンドブラック 2トーン、内装色グレー&ブラック)
  • パイオニア9インチ
  • 日産セレナe-POWER ホンダ ステップワゴン e:HEV スパーダ トヨタ ヴォクシー
  • BMW X2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV