イトーヨーカドーととくし丸が連携…移動スーパーで密集化解決へ

イトーヨーカドー とくし丸 1号車
イトーヨーカドー とくし丸 1号車全 2 枚写真をすべて見る

イトーヨーカ堂は、オイシックス・ラ・大地の子会社であるとくし丸と連携し、移動スーパー「イトーヨーカドー とくし丸 1号車」の運用を4月30日より八王子で開始する。

昨今、商店数減少で近隣に店舗がない、高齢化により交通手段がないなど、日常生活に必要な食料品・日用品等の購入が困難な「買い物難民」が増加。また、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大に伴い、人混みや密閉空間を避けて買い物をしようという動きも広がっている。

イトーヨーカドー とくし丸 1号車は、冷蔵機能を備えた軽車両に加工食品や生鮮品、日用品など、約400品目1200点を積載。イトーヨーカドー南大沢店(東京都八王子市)を拠点に、平日週4日の10時から17時までの予定で、八王子市を中心としたエリアを移動スーパーとして巡回する。

イトーヨーカ堂ととくし丸は、移動販売を通じて、地域の人々にとって便利なサービスの追求に向け、今後も連携し取り組んでいく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV