FCAジャパン、5か月間支払猶予のスキップローンを導入 コロナ禍での購入を支援

ジープ・ラングラー
ジープ・ラングラー全 5 枚写真をすべて見る

FCAジャパンは、5月1日から当面の間、取り扱い全4ブランドを対象に、5か月間支払い繰り延べ(スキップ)据置価格設定型の低金利「スキップローン」を導入すると発表した。

スキップローンは、現在の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が深刻な状況下の施策として、他社に先駆けて、FCAジャパンがジャックスと共同開発して導入するもの。対象はジープ/フィアット/アバルトの全モデルおよびアルファロメオの通常モデル(『ジュリア・クアドリフォリオ』、『ステルヴィオ』、『ステルヴィオ・クアドリフォリオ』、『4C』、『4Cスパイダー』を除く)。

スキップローンは、月々の支払い額が低減される据置価格設定型ローンをベースに、車両登録から5か月間のローン支払いを金利ゼロで繰り延べ。手元資金を車両購入以外に利用できる余裕を作り出し、現況下での車両購入の不安を低減する。例えば、5月登録の場合、車両は登録次第速やかに納車される一方、通常は6月より支払い開始となるところ、5か月間支払いがスキップされるので、初回引き落としは11月。支払いなしで5か月間、新車を楽しむことができる。なお、適用金利は1.9%(通常ローンは現在3.19%)。

さらに4ブランドの車両を既に購入している既納客向けには、スキップローンより一段低い特別低金利を用意。ジープ、フィアット、アバルトの各ブランドで0.9%、アルファロメオでは0.5%の特別低金利を提供する。いずれもローン支払年数は、3年、4年、5年の間で自由に選択できる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジープ・レネゲード 4xe
  • ジープ・ラングラー・アンリミテッド
  • ジープ グランドチェロキー S-リミテッド
  • ジープ・レネゲード 4xe と コンパス 4xe
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ