【バンコクモーターショー2020】開催を7月に再延期、新型コロナウイルスによる非常事態宣言の延長で

バンコク国際モーターショーの会場となるコンベンションセンター「インパクト・ムアントンタニ」
バンコク国際モーターショーの会場となるコンベンションセンター「インパクト・ムアントンタニ」全 2 枚写真をすべて見る

バンコクモーターショーを主催するグランプリインターナショナルは、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の影響により、「バンコクモーターショー2020」の開催を7月に再延期すると発表した。

バンコクモーターショー2020は当初、3月25日~4月5日に開催される予定だった。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、開催日程を5月に延期していた。

グランプリインターナショナルは今回、バンコクモーターショー2020の開催を7月に再延期すると発表した。これは、タイ政府が非常事態宣言を、5月末まで延長すると発表したことを受けての対応だ。

バンコクモーターショー2020の新たな開催日程は、7月13~26日となる。グランプリインターナショナルは、来場者とスタッフの健康と安全に最大限配慮する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産自動車(バンコクモーターショー2020)
  • バンコク空港(3月4日)
  • 新型「V80」を発表するSAICモーターのXu Qiuhua氏
  • ダンスが披露された後、GRスープラは紹介された
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ