フェラーリ、純利益は7.8%減 2020年第1四半期決算

フェラーリ812スーパーファスト
フェラーリ812スーパーファスト全 3 枚写真をすべて見る

フェラーリ(Ferrari)は5月4日、2020年第1四半期(1~3月)決算を発表した。

同社の発表によると、売上高は9億3200万ユーロ(約1077億円)。前年同期の9億4000万ユーロに対して、0.9%減とマイナスに転じた

また、第1四半期の純利益は、1億6600万ユーロ(約192億円)。前年同期の1億8000万ユーロに対して、7.8%減と後退している。

売上高の9億3200万ユーロのうち、本業の自動車および補修パーツの売上高は、7億8800万ユーロ。前年同期比は、7.2%増とプラスを維持した。一方、ブランドライセンス事業の売上高は、8900万ユーロ。前年同期比は30.5%減とマイナスに転じている。

フェラーリは2020年通期(1~12月)の業績予想について、売上高を当初見通しの41億ユーロから、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の影響により、34~36億ユーロに下方修正している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フェラーリ F8 スパイダー
  • フェラーリ F8トリブート
  • F1ハンガリーGP
  • フェラーリの新作短編映画『ル・グラン・ランデヴー』の撮影の様子
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ