三菱 パジェロ、右側ロアアームの強度不十分でリコール

三菱パジェロ(2016年)
三菱パジェロ(2016年)全 2 枚写真をすべて見る

三菱自動車は5月14日、『パジェロ』の右側ロアアームに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2016年10月26日から2018年2月26日に製造された1506台。このほか、交換修理用部品として出荷し、組付けられた車両が特定できないものなど64台も対象となる。

対象車両は、フロントサスペンションの右側ロアアームにおいて、溶接工程での部品の固定が不十分なため、溶接位置がずれ、強度が不十分なものがあることが判明。制動時の負荷により溶接部位がはがれ、走行が不安定になるおそれがある。

改善措置として、全車両、右側ロアアームを良品と交換する。

不具合および事故は起きていない。海外市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三菱パジェロ(1982年)
  • パジェロ製造が1984年に受託生産を始めたホンダ・シティカブリオレ
  • 三菱パジェロ(1982年)のサスペンションションシート
  • 三菱 パジェロ がPHEVで復活!? 画像は予想CG
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ