ステイホームで鑑賞するストリートアート、VW新虎ヴィレッジのオリジナルムービー公開

新虎ヴィレッジ オリジナルアートムービー
新虎ヴィレッジ オリジナルアートムービー全 9 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、2020年3月までの期間限定でオープンしていた「新虎ヴィレッジ」企画の集大成として、新虎ヴィレッジで生み出したグラフィティアートをまとめたオリジナルムービーを公開した。

新虎ヴィレッジは2019年10月、ヒトが集まり、新しいコトが生まれるユニークでオープンな遊び場としてスタートした。2020年1月には、グラフィティアーティストが自由にアートを表現できる高さ1.7×幅6メートルのコンクリートの壁「フリーウォール」を設置。総勢15名のアーティストが連日グラフィティアートを描き、色鮮やかな数多くのアートが出現した。

当初3月末まで実施予定だった新虎ヴィレッジは、新型コロナウィルス(SARS-CoV-2)感染拡大防止のため、3月19日に予定より早くクローズした。VGJでは、フリーウォールにグラフィティアートを描いたアーティスト、総勢15名の作品を記録したオリジナルムービーを制作。全国の幅広いアートファンに、新虎ヴィレッジのグラフィティアートを楽しんでもらう。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ