59年式フォードF100編 Part2 なんと500馬力のエンジンを積んだビアトラックが完成! MotorTrend

残り2週間!これってまたいつもの展開?納期は間に合うのか!?

こちらも注目!フォードGTで時速450km/hにチャレンジ!

59年式フォードF100編 Part2 なんと500馬力のエンジンを積んだビアトラックが完成! MotorTrend
59年式フォードF100編 Part2 なんと500馬力のエンジンを積んだビアトラックが完成! MotorTrend全 1 枚写真をすべて見る

ファスト&ラウド
残り2週間!これってまたいつもの展開?納期は間に合うのか!?

お待たせしました!1959年式フォードF100編のPart2をご紹介。
とりあえず作業開始したのはいいが、案の定、早速問題箇所が発覚。リアブレーキ部分が荷台の下に入っているために、タイヤが入らないことがわかった。そこで荷台のリアエンドは発注せずにタブを加工しスペースを作ることに。話がうますぎる案件ほど、手こずるもんだ、とこれはリチャードの教訓。さらにこの車には5色もの塗装を施すことが発覚。一体リチャードは何を考えてるんだ?塗料代もバカにならない、と困惑するメンバー。実はリチャード、ガス・モンキーのメンバーには、ビール会社「シャイナー」からの依頼だとは伝えていない。その理由は、売れなかった時に彼らはショックを受けるからだと言うが、目的を知らされていないと、メンバーも気合が入らないのではないか?

実はリチャードには、なんとしても買ってもらうための秘策があった。それは、完成披露の時に100人規模のパーティーを催し、シャイナーが買うか否かをみんなに証人になってもらうというもの。つまりオーナー夫妻にプレッシャーをかける狙いか!?さて、あっという間に納期まで2週間。果たして59年式フォードF100は売れるのか?【レスポンス副編集長 吉澤憲治】

Dplayのプレミアムプランで観る

こちらも注目!フォードGTで時速450km/hにチャレンジ!

今だけお得に楽しめるチャンス!Dplayを詳しく知りたい方はこちらをクリック↓

Dplayのプレミアムプランで観る

TOP

《吉澤憲治》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV