スズキ、二輪カンパニーを二論事業本部に改編 収益改善を加速

スズキ 新型KATANA
スズキ 新型KATANA全 2 枚写真をすべて見る

スズキは5月26日、「二輪事業本部」を新設する組織改正を実施すると発表した。

同社では昨年、二輪車事業の収益体質の抜本的な改善を図るため、「二輪カンパニー」を新設して固定費削減などに取り組んできた。2020年3月期業績で、二輪車事業の営業利益は、新型コロナウイルスの影響などもあって減益となったものの、黒字をキープした。

二輪車事業立て直しの次のステップとして今回、6月1日付けで各事業本部との連携を強化し収益改善を加速するため「二輪事業本部」を新設し、「二輪カンパニー」を廃止する。二輪事業本部の下には、二輪管理部、二輪企画部、二輪設計部、二輪品質監理部を置くとともに、新設する「二輪営業部」も置く。

また、米国での二輪・ATV事業の収益改善を図るため、米国二輪車子会社のS.M.A.I.について体制を強化するとともに、マリン事業の分社化に向けて準備する。

スズキ・バーグマン200スズキ・バーグマン200

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ