ファルケン、延期になった「ニュル24時間」を動画で応援…24時間で24の課題に挑戦

24時間・24チャレンジ動画「#24in24」
24時間・24チャレンジ動画「#24in24」全 5 枚写真をすべて見る

住友ゴムグループの欧州販売子会社であるファルケンタイヤヨーロッパは、新型コロナウイルス感染拡大により延期となった「ニュルブルクリンク24時間レース」を盛り上げる動画「#24 in 24」を投稿した。

ファルケンはニュル24時間のオフィシャルスポンサーであり、ファルケンモータースポーツチームとしても同レースへ参戦する。動画「#24 in 24」では、ファルケンレーシングチームのドライバーたちが、5月23~24日の24時間に24のチャレンジに取り組んだ。

24時間でどれだけ長い距離を走ることができるかを競う「ニュル24時間」に対し、「#24 in 24」ではSNSを介して集められた24の課題に、Peter Dumbreck、Klaus Bachler、Martin Ragginge、Dirk Werner、Sven Muller、James Deane、Rohan van Riel、Mark Vissersの8人が挑戦。タイヤ交換やポルシェデッサン、FALKENケーキ、タイヤタワーなど、ユニークな24の課題に対し、ドライバーたちは持つ肉体能力・ドライバースキル・創造力などをレースとは異なる形で披露した。

チャレンジ結果は、公式インスタグラムおよびフェイスブックのストーリーを通して発表されたが、見逃してしまった人は公式インスタグラムのストーリーズハイライトから見ることができる。

タイヤタワータイヤタワー

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ