スズキ、パキスタンを除いて完成車拠点はすべて稼働再開

スズキ相良工場(参考画像)
スズキ相良工場(参考画像)全 2 枚写真をすべて見る

スズキは5月26日、グループ完成車生産拠点の稼働状況を発表した。新型コロナウイルスの影響で、すべての拠点が一時生産を停止したが、現在はパキスタンを除いて操業を再開している。

インドのマルチ・スズキのグジャラート工場が5月25日に稼働を再開した。これによってロックダウンによって3月23日から操業を停止していたインドの四輪車・二輪車工場はすべて生産を再開した。

インドネシアの四輪車工場は5月26日から操業を再開した。

日本国内の工場は5月22日以降、操業している。タイやミャンマー、ハンガリーは操業を再開している。

生産停止しているのは3月24日から稼働を停止しているパキスタンの四輪車生産拠点で、5月31日までの生産停止を決めているものの、再開時期は未定。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 新型コロナウイルス感染拡大収束後の購入意向
  • 医療法人清真会 丹野病院 丹野英院長
  • 首都高入口
  • 休廃業・解散した企業(1-8月累計)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV