アストンマーティンに新CEO、メルセデスAMGのトップが8月に就任へ…アンディ・パーマー氏は退任

アストンマーティンの新CEOに8月1日付けで就任するメルセデスAMGのトビアス・メールス会長兼CEO
アストンマーティンの新CEOに8月1日付けで就任するメルセデスAMGのトビアス・メールス会長兼CEO全 2 枚写真をすべて見る

アストンマーティン(Aston Martin)は5月26日、新CEOにトビアス・メールス氏が8月1日付けで就任すると発表した。アンディ・パーマー社長兼CEOは退任する。

トビアス・メールス氏は、ダイムラーで25年以上、上級職を経験した。2013年10月からは、メルセデスベンツの高性能車部門のメルセデスAMGの会長兼CEOの地位にある。同氏のリーダーシップのもと、メルセデスAMGは製品ラインナップを2倍以上に増やし、販売台数を4倍に拡大させた。とくに、メルセデスAMGのパワートレインの電動化に、大きな役割を果たしている。

アストンマーティンは長年にわたり、ダイムラーとの間で技術的および商業的パートナーシップを構築しており、今後も、その関係は継続される。この両社の関係が今回、アストンマーティンがダイムラーから新たなトップを迎え入れることにつながった。

トビアス・メールス氏は、「アストンマーティンに加わることに、興奮している。常にパフォーマンスカーに情熱を傾けてきた。顧客、従業員、パートナー、株主のために、より強力なビジネスを構築できることを楽しみにしている」と語った。

退任するアンディ・パーマー氏は、「新型SUVの『DBX』を含む多くの新型車の発売は、従業員の献身と能力を証明するもの。とくに、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大という困難な状況下において、すべてのスタッフのハードワークとサポートに感謝したい」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アストンマーティン・ヴァンテージ新型
  • アストンマーティンの英国セントアサン工場で生産が開始された DBX
  • アストンマーティン DB5 ゴールドフィンガー・コンティニュエーション
  • アストンマーティン AMB 001 のプロトタイプによる走行テスト
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ