三菱ふそう、北米での新車販売事業廃止を決定

三菱ふそうキャンター
三菱ふそうキャンター全 1 枚写真をすべて見る

三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は5月28日、北米での新車販売事業を廃止し、サービスに特化した運営体制に移行すると発表した。

米国とカナダにおけるふそうブランドの新車販売は、販売子会社のMitsubishi Fuso Truck of America(MFTA)が手掛けているが、商品開発と販売業務を再調整する戦略的決定に基づき、北米での新車販売事業廃止を決定した。

今後、MFTAはサービスに焦点を当てた業務形態の調整を行うとともに、北米とカナダ両国の販売代理店と協力して販売店を部品・サービスに特化した拠点への移行を図る見通し。MFTAは、部品配送センターや技術トレーニングセンターを併設する本社(米国ニュージャージー州)を維持し、大半の従業員の雇用を短期的に継続する計画だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 名鉄トラックターミナル関西納車車両「eキャンター」
  • ふそうブランド初の輸出仕様バス『BA』
  • 三菱ふそう eキャンター
  • 改善箇所
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ