箱根登山鉄道、再開へ向けた試運転を拡大…宮ノ下駅付近まで延長 6月2日から

7月下旬に再開する予定の箱根登山鉄道箱根湯本~強羅間。写真は3100形。
7月下旬に再開する予定の箱根登山鉄道箱根湯本~強羅間。写真は3100形。全 1 枚写真をすべて見る

神奈川県の小田原駅(小田原市)と強羅(ごうら)駅(箱根町)を結ぶ箱根登山鉄道は5月29日、箱根湯本以遠で行なっているの試運転の区間を6月2日から延長すると発表した。

台風19号による被災のため2019年10月から運行を見合わせている箱根湯本~強羅間では、7月下旬の再開を目指して5月11日から一部区間で試運転を開始した。

現在は箱根湯本駅と大平台駅(神奈川県箱根町)の手前の間で行なっているが、これを宮ノ下駅(神奈川県箱根町)の手前まで延長する。運行間隔は現在の1時間2本程度と変わらない。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ