地域公共交通の感染防止対策---支援費を計上、2020年度第2次補正予算

東京タクシーグループ:乗客の降車後に消毒および換気を実施
東京タクシーグループ:乗客の降車後に消毒および換気を実施全 3 枚写真をすべて見る

国土交通省は5月27日、政府が閣議決定した2020年度第2次補正予算に、地域公共交通における感染拡大防止対策138億500万円が計上されたと発表した。

第2次補正予算は新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大防止策を図るための必要な経費が計上された。

地域公共交通での感染拡大防止策は、地域の生活や経済活動を支えるために機能の確保が求められている公共交通について、地域公共交通事業者が十分な感染拡大防止対策を実施できるよう、駅や車両などの衛生対策、車内の密度を上げないよう配慮した運行などの実証事業を支援するもの。

また、新型コロナウイルス感染拡大防止を図りながら、国土交通省の業務継続を確保することで、防災・減災や領海警備などの体制を確保するため、国土交通本省、地方支分部局、気象庁、海上保安庁でのテレワーク環境を整備する費用31億2000万円も計上された。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 先進安全技術による被害低減効果予測のための、車両の衝突直前挙動に基づく傷害予測モデル
  • 令和2年7月豪雨で多くの車両が被災した(7月8日、球磨郡)
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 新しいモビリティサービスの社会実装を目指す実証地域
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ