マニア必携の R32 万年筆登場、ペン先には「GT-R」ロゴをレーザー刻印

万年筆スカイラインGT-R(BNR32)
万年筆スカイラインGT-R(BNR32)全 11 枚写真をすべて見る

ワキプリントピアは、2019年に誕生から30周年を迎えた日産『スカイラインGT-R(BNR32)』をモチーフにした万年筆を製作。予約受付を同社ショピングサイト「キャライフ」にて6月1日より数量限定で開始する。

スカイラインGT-R万年筆は、GT-RホットサンドメーカーやGT-Rの絵柄浮き出るしょうゆ皿などを手がけてきたワキプリントピアの新商品。「~GT-Rの歴史を書き連ねる~」をコンセプトに日産自動車監修のもと、セーラー万年筆により製造した。

新製品は、実車のカラーリングに近づけるため調合したガングレーメタリックのカラー樹脂を万年筆のボディやキャップ部に採用。「SKYLINE」のエンブレムやフェンダー周囲のライン、「S」エンブレムなど随所にデザインした。またペン先には、象徴的な「GT-R」エンブレムをレーザーで刻印。紙面を「GT-R」が疾走する。

インクは、GT-Rのイメージカラー「ガングレーメタリック」に調色したものを付属。さらに、インクボトルは実車の補修用タッチペンをイメージしたデザインで、正面には同色の色番号「KH2」を配置した。シックなブラックのパッケージの蓋には銀箔押しで「SKYLINE GT-R」をデザイン。インク吸入用コンバーターもセットで、届いたその日から使用できる。

価格(税別)は1万6000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV