GSユアサ、日本仕様のEN規格タクシー専用高性能バッテリーを発売

GSユアサ タクシー専用高性能カーバッテリー プローダ タクシー PTX-LN1
GSユアサ タクシー専用高性能カーバッテリー プローダ タクシー PTX-LN1全 2 枚写真をすべて見る

GSユアサバッテリーは、タクシー専用高性能カーバッテリー「プローダ タクシー」シリーズに、EN(欧州)規格バッテリー搭載のハイブリッド車に対応する「ENタイプ」2型式(PTX-LN1・LN2)を6月より追加ラインアップする。

近年のタクシーは、安全運転支援システムやドライブレコーダー、キャッシュレス・配車アプリに対応したタブレット端末など、電装品が増加。従来よりも大きな電力供給が必要となってきている。また、長時間の連続走行や待機、環境に配慮した客待ち時のエンジン停止など、一般車に比べるとバッテリーに大きな負荷がかかるため、高い耐久性も求められている。

同社は、従来よりタクシーの過酷な使用環境に対応したプローダ タクシーシリーズ(JISタイプ)をラインアップしているが、JPN TAXIなど、ハイブリッド車タクシーのEN規格搭載車両が増加してきていることから、今回、容量と耐久性を大幅に向上させたENタイプの2型式(LN1・LN2)を追加ラインアップする。

新製品は、欧州よりも気温が高い日本の気候に適応し、かつJISの安全性にも合致した日本仕様のENバッテリーとなる。寿命性能は従来品LN1比約1.5倍(PTX-LN1)、同約2倍(PTX-LN2)に向上。電気負荷の大きいタクシーに対応するため、正極活物質を増量して容量を同約1.2倍(PTX-LN1)、同約1.3倍(PTX-LN2)に高めた。また、ハードペースト(高密度の活物質)を極板に添加することにより、耐久性を向上させたほか、電解液にリチウム配合・薄型極板多枚数化により、クイックチャージ性能を向上させた。

電解液の最高液面と最低液面間には十分な電解液量を確保し、危険な液枯れリスクを低減。ハードユースによる減液時にも、補水可能な液口栓が付く。また特許技術による「二重蓋構造」で優れたメンテナンスフリー性能を発揮。一括排気構造を採用し、車室内搭載車、エンジンルーム搭載車どちらにも対応する。

適合車種はPTX-LN1がJPN TAXI、プリウス(W50系)、クラウンHV(S220系)、シエンタHV(P170系)。PTX-LN2がJPN TAXI、アルファード/ヴェルファイアHV(H30系)、ヴォクシー/ノア/エスクァイアHV(R80系)、カムリHV(VH70系)、クラウンHV(S220系)、シエンタHV(P170系)。価格はオープン。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • EHW4S セルとモジュール
  • 新工場の外観(イメージ)
  • GSユアサ ハンガリー工場
  • 完全バッテリー推進船「e-Oshima」
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV