小型二輪車新車販売、コロナ禍影響でヤマハとスズキは半減 5月実績

カワサキZ900RS
カワサキZ900RS全 2 枚写真をすべて見る

全国軽自動車協会連合会は、2020年5月の小型二輪車(251cc以上)新車販売台数を発表。前年同月比27.2%減の4198台で2か月連続のマイナスとなった。

前月は同6.1%減にとどまったが、5月に入り減少幅は拡大。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大の影響が現れた形だ。

メーカー別では、カワサキが同22.2%減の1065台で、3か月連続マイナスながら2か月連続のトップ。2位ホンダは同11.2%減の881台で2か月連続のマイナスだった。

3位ヤマハは同51.7%減の539台で8か月連続のマイナスだった。4位スズキは同50.1%減の266台で5か月連続のマイナス。輸入車などのその他は同17.5%減の1447台で3か月ぶりのマイナスとなった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • HondaGO BIKE RENTAL
  • 佐川健太郎氏がショーワの技術を体験取材。アフリカツインで両足ベタ着きが可能な「ハイトフレックス」に驚き
  • カワサキ Ninja650
  • ヤマハ YPJ-MT Pro に試乗する青木タカオ氏
  • ロードエイドネットワーク清水豊 代表理事。
  • ホンダ CBR600RR 新型
  • MVアグスタ・スーペルヴェローチェ(東京モーターサイクルショー2019)
  • ホンダ フォルツァ

ピックアップ

Response.TV