ENEOS、電動車専用フルード6種を新開発

JXTGエネルギーは6月4日、電気自動車(EV)・ハイブリッド車専用フルード「ENEOS EVフルード」を開発したと発表した。

EVやHVは今後さらに普及が見込まれているが、各駆動システムには、高い絶縁性能や冷却性能、ギヤ保護性能などを備えた専用フルードが求められる。

JXTGエネルギーは、長年のオイル開発で蓄積された知見を活用することで、オイルに対する新たな必要性能を高いレベルで満足させる独自の潤滑油技術を確立。様々な使用環境でベストなパフォーマンスを発揮できるよう、それぞれ特長をもったENEOS EVフルードシリーズを全6種類のラインアップで提供する。

「ギヤ プロテクション」は減速機ギヤの保護性能強化型、「HV AT」はオートマチックトランスミッションフルード性能を付与したEV・HV用フルード、「モータークール」はギヤ潤滑性とモーター冷却性、電気絶縁性を兼ね備えたバランス型。「エナジーセービング」は極限のモーター冷却性と省エネ性を実現、「アイソレーション」は電気絶縁性を極限まで向上、「バッテリークール」はバッテリー、電装部品の冷却専用クーラントとなる。

まず、日本国内および中国を中心に、EV・HVメーカーおよびその関連部品メーカー向けに商品提案を予定。その後、各国・地域の需要やニーズに応じて対象を全世界へ拡げることを目指す。また、将来的には一般消費者向け商品としての展開も検討していく。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  2. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  3. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  4. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  5. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  6. スバル アウトバック 新型、安全性能テストで最高評価獲得…ユーロNCAP
  7. ホンダ シビック 新型、日本にない2.0リットル自然吸気エンジン設定…米国発売
  8. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  9. フォード ブロンコ 新型に高性能な「ラプター」、2022年に登場へ
  10. ロータス『エミーラ』に405馬力スーパーチャージャー、「V6ファーストエディション」を欧州発表
ランキングをもっと見る