シボレー カマロ、Apple CarPlay & Android Autoを継続採用 価格は改訂

シボレー・カマロ
シボレー・カマロ全 2 枚写真をすべて見る

ゼネラルモーターズジャパン(GMジャパン)は、シボレー『カマロ』およびラリーグリーンメタリックの限定モデル「カマロ・ヘリテージエディション」の一部仕様および価格を改訂し、8月下旬よりデリバリーを開始する。

今回、搭載予定だった通信車載ナビ「クラウドストリーミングナビ」に代わり、従来通りのApple CarPlay & Android Auto対応のインフォテイメントシステムに変更した。

また、カマロのボディカラー設定は当初5色の予定だったが、サテンスチールグレーメタリックを取りやめ、リバーサイドブルーメタリック、ブラック、サミットホワイト、レッドホットの4色とした。

価格はLT RSが541万円、コンバーチブルが629万円、SSが695万円、LT RSヘリテージエディションが550万円(30台限定)、コンバーチブル ヘリテージエディションが630万円(20台限定)、SSヘリテージエディションが733万円(40台限定)。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • シボレー・カマロ2020年モデル(東京オートサロン2020)
  • 新型シボレー・コルベット
  • シボレー カマロ SS スタイリングスポーツエディション
  • シボレー カマロ 現行型
  • BMW 2シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フィアット ティーポSW クロスオーバー 開発車両(スクープ写真)
  • 日産 キャシュカイ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ